高感度 濁度計 TR-55

測定概要
LED光源からの平行光束は濁度物質により激衰して透過光受光部に到達します。一方、光源に対して90°方向に配置された受光部は濁度物質により比例して発生した散乱光量を同時に測定して、低濃度から高濃度までの濁度を正確に測定する事ができます。又、従来の濁度の測定単位はカオリン濁度(mg/?=“度”)又はホルマジン濁度(NTU=“度”)で表されてきましたが、水道法水質基準省令改正(厚生労働省令101号)に対応して本器はポリスチレン濁度(“度”)を標準としています。更に本器は上水試験方法や工業用水試験法(K0101)に準拠した透過散乱光測定方式で微量濁度を高感度で測定できます。

仕様

測定単位“度”(5種混合ポリスチレン濁度標準)
(オプション ホルマジン濁度“FTU”)
測定範囲0.00~1100度 3レンジ自動切換え
表示液晶 3.1/2桁
分解能0.01度/0.00~10.99度
0.1度/11.0~109.9度
1度/110~1100度
測定精度±2%以内(100度以下/FS)
±3%以内(1000度以下/FS)
自動電源断測定値ホールド5秒間後自動電源OFF
電源単4アルカリ乾電池(LR03×4ヶ DC6V)
項目1外形寸法88×174×65(mm)
重量約310g
標準付属品本体(乾電池付)、濁度標準液:10度:30mL、100度:30mL
測定セル:4ヶ、キャリングケース

カタログ

ページ上部へ戻る