SS/濁度センサー SSTR-5Z

特長

  1. 近赤外線90°散乱光測定 高感度SS/濁度センサー
  2. 参照光付、LED光源輝度自動補正
  3. 簡易ゼロ校正板、標準付属でゼロ校正が容易
  4. SS濃度と濁度を切換えて測定可能
  5. SSと濁度の相関係数y=a+bx演算機能付SS計
  6. 検水のSS濃度値に1点又は2点校正も可能
  7. 気泡に強いSS/濁度センサー

計器仕様

品名 SS/濁度センサー
型式 SSTR-5Z
測定原理 近赤外90°散乱光測定方式
表示 LCD4桁
測定範囲 濁度:0~500NTU
 SS:0~500度
 ※ご指定:0~1000
分解能 0.1 /0~199.9の範囲
 1   /200~500の範囲
 フルスケール 1000の場合:1
 フルスケール 20の場合 :0.01
再現性 ±2%FS以内(一定条件で)
SS換算機能 SS換算係数の設定が可能
 (x=濁度、y=SSでy=a+bx)
ゼロ校正 第一標準:純水
 第二標準:簡易ゼロ校正板
スパン校正 1:フォルマジン濁度標準液で校正後SS換算係数設定
 2:直接SS校正
   手分析後のサンプル水のSS濁度に1点又は2点校正
自己診断機能 電池電圧、校正異常、検出器異常
周囲温度範囲 0~40℃
電源 単4アルカリ乾電池(LR03×3本)
 オートパワーオフ機能付

検出器仕様

型式 TRD-120Z
測定原理 近赤外90°散乱光測定方式
検水温度範囲 5~40℃、溶剤、強酸化物の共存不可
接液部材質 PVC、石英ガラス、SUS-304
ケーブル長 6m標準
重量 約500g(ケーブル別)

TECHNICAL INFORMATION

SSとは?
 Suspended Solidの略。
 水中の浮遊物質と言う意味。

SSの手分析方法は?
 グラスファイバー濾紙法
 検水を吸引濾過⇒濾紙乾燥⇒計算

 SS=(b-a)×1000÷検水量
 a=濾過前の濾紙の重量
 b=濾過、乾燥後の濾紙の重量

相関式y=a+bxの求め方
 サンプルを1日3回(朝昼晩)で1週間採取し、SSと濁度を測定し、計算して求める。

カタログ

ページ上部へ戻る