DPD法残留塩素計 DP-3F

測定概要
残留塩素がDPDと反応して、桃~桃赤色に発色します。この色調変化を吸光光度法比色計で測定し、残留塩素濃度に変換してデジタル表示します。 残留塩素とは、塩素処理の結果、水中に残留した有効塩素であり、次亜塩素酸などの遊離残留塩素とクロラミンのような結合塩素に区分される。

特徴

  1. 0~5mg/1L迄の遊離残留塩素、または全残留塩素の測定が可能
  2. 簡単な測定操作、2つのキー操作でOK
  3. 発色試薬は1種類だけ、粉末パック試薬

用途

食品工場、給食センター、病院等の塩素殺菌、消毒水等
プール、クーリングタワー、養殖、野菜等の塩素殺菌処理水等
水道水、地下水、河川水等の塩素殺菌消毒処理水
浄化槽、排水処理水の塩素殺菌処理水等
HACCP対応塩素殺菌処理水等

仕様

測定原理DPD試薬発色による吸光光度法
測定対象遊離残留塩素(標準)
測定目的塩素殺菌水測定
測定範囲0.00~5.0mg/L
分解能0~3mg/L の間   0.01mg/L
3~5mg/L の間   0.1mg/L
警報]機能5mg/l 以上で表示点滅
自動電源断測定値ホールド表示5秒後オートパワーオフ
発色試薬粉末パック試薬 1種類
電源アルカリ乾電池 LR03(単4)×4ヶ(DC6V)
本体重量約290g
標準付属品計器本体(乾電池付)、測定セル(キャップ付き):2ヶ、 携帯ケース:1ヶ、遊離残留塩素用試薬:100回分、スポイト5mL:1ヶ
標準外付属品遊離残留塩素用試薬(DPD-F-1):100回分
全残留塩素用試薬(DPD-TL-1):100回分

カタログ

ページ上部へ戻る