<汚泥濃度計> MLSS/界面計 SS-10Z

測定概要

近赤外LED光源とLED輝度を一定に制御するための参照光受光素子、透過光受光素子、水圧センサーで構成されたMLSS検出器からの信号を演算増幅して、汚泥濃度と汚泥界面の深度を同時に表示させ更に、汚泥界面警報を行い汚泥層の分布状態を求める事ができます。
光学式の検出器なので、色の濃い高濃度のMLSSを測定する場合はうまく測定できない場合がありますので、一度ご相談ください。

特徴

  1. 新開発、参照光付MLSS検出器
    LEDの輝度を常に監視する参照光センサー付でLEDの劣化や温度変化による光量変動=測定誤差を自動補正する高性能MLSS検出器。
  2. 外部光の影響を受けない近赤外光高感度MLSS検出器
  3. 検出器の衝撃吸収用緩衝ゴム付
  4. 一台でMLSSと水深(界面)同時測定
    MLSSと水深(界面)が同時表示、設定した汚泥濃度の界面付近で、
  5. 表示部の“ALM”、“mg/l”が点滅し汚泥界面を知らせます。
  6. 用途別モード選択測定可能
    30年の蓄積された技術、豊富なデータに基づき用途別にリニアライズされた測定モードを選択して測定可能、更に現場でのゼロ、スパン4点校正も可能。
    例:
    • 乳業、食品汚泥モード
    • 食品汚泥モード
    • 合併浄化槽モード
    • 下水処理汚泥モード
    • し尿処理汚泥モード
    • 沈殿濃縮汚泥モード
  7. 人間工学的設計、すべり止め構造
  8. 0~20000mg/l 測定:最大30000mg/l 迄表示
  9. IP67準拠の防水性

仕様

品名 MLSS/界面計
型式SS-10Z
測定方式MLSS:近赤外パレス透過光式
水深:半導体圧力センサー
測定範囲MLSS:0~20000mg/L
水深:0~5.00m(デジタル表示)
(ケーブル延長で10.00m迄測定可能)
MLSS測定モードリニアライザー内蔵で用途別モード選択測定可能
例)乳業、食品汚泥モード/食品汚泥モード
合併浄化槽モード/下水処理汚泥モード
し尿処理汚泥モード/沈殿濃縮汚泥モード
最小目盛りMLSS:10mg/L(0~10000mg/L 間)
      100mg/L(10000~30000mg/L)
水深:0.01m
計器再現性MLSS:一定条件で指示値の±2%以内(5,000mg/L以下は±150mg/L以内)
水深:±0.03m以内
MLSS校正下記の①~③任意選択
①:1点校正(ゼロ校正のみ)
②:2点校正(ゼロ・スパン校正〈濃度既知汚泥で〉)
③:3点~4点校正(濃度既知汚泥及び希釈汚泥で)
界面測定15000mg/L以上で“ALM”、“mg/L”/点滅警報点変更可能。
点滅時の表示水深が汚泥界面。
電源アルカリ単4乾電池(LR03×3ヶ)
オートパワーオフ機能付(電源ON後30分)
外形寸法計器本体:70(W)×36(H)×170(D)
検出器  :Ф40×214
検出器型式SSD-10Z
〈圧力センサー付〉
ケーブル長6m標準(最大11m迄延長可)
重量計器本体:約300g、検出器:550g(ケーブル別)
標準構成検出器(ケーブル6m付)、単4アルカリ乾電池(LR3×3)
検出器衝撃吸収用緩衝ゴム 上下1ヶ、洗浄ブラシ、ストラップ

カタログ

ページ上部へ戻る