溶存オゾン計 OZ-700近日発売

測定概要

オゾンは強力な酸化力を有し、殺菌、消毒はもとより、脱色、脱臭、漂白有機物の分解等特性を有する為、食品、製薬、医療、化学工業、水処理、半導体製造工程等多方面における利用が拡大しています。
そしてオゾンは最終的に酸素になるため、クリーンは酸化剤として注目されています。本装置は光源に紫外線水銀ランプを使用せずに深紫外LEDを採用して液中の溶存オゾン濃度を無試薬測定出来ます。

特徴

  1. 水銀フリー深紫外吸光光度法検出器
  2. オゾン濃度を10mg/Lまで測定
  3. プローブ型、流通型検出器選択可能

仕様

表示器仕様

指示変換器OZ-700
測定対象溶液中の溶存オゾン濃度
測定方式深紫外LED式紫外線吸光光度法
表示LCD 4桁
測定範囲0~10mg/L 標準
0~20mg/L(ご指定)
分解能0.1mg/L
伝送出力DC4~20mA(絶縁出力型)
0~2 / 0~5 / 0~10mg/L 3レンジ式
再現性±2% 以内(一定条件で)
応答時間5秒以内
周囲温度-5℃~40℃ 85%RH以下
警報接点上下限各a接点(無電圧)
ホールド出力外部からの接点信号入力でホールド出力
電源AC85V~240Vフリー電源
消費電力約20VA
外形寸法215(W)×170(H)×95(D)
重量約1.75kg 

溶存オゾン濃度計検出器仕様

品名インライン型溶存オゾン検出器
型式インライン型:UVD-25F-10
プローブ型:UVD-25P-10
プローブ型用流通ホルダー:LQFL-60
測定方式流通型測定
光路長10mm
接液部材質PPS、FKM、石英ガラス
測定水条件温度 : 0~40℃以内
圧力 : 0.05Mpa以下
共存不可:SS(浮遊物質)、有機物、
着色物質、気泡、有効塩素
設置方法L型金具でポールまたは壁面取付
配管方法検出器に外径φ6のPPチューブ接続
ケーブル5m標準
外径寸法インライン型:100(W)×87(H)×80(D)
プローブ型:φ60×250(H)
重量約1.1kg

OZ-700カタログ

ページ上部へ戻る