高濃度有効塩素計 RC-700近日発売

測定概要

本器は塩素殺菌、消毒剤である高濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液や酸性電解水等の有効塩素濃度の0~500mg/L迄、無試薬無希釈で連続測定できます。
測定原理は深紫外吸光光度法で画期的な有効塩素濃度計です。
新型コロナウイルス感染予防対策で次亜塩素酸ナトリウム溶液や、酸性電解水等が消毒剤として有効であるとして消毒剤の濃度を
0.05~0.1%(500~1000mg/L)で適切に管理して使用することが推奨されています。
(注:厚生労働省啓発資料:新型コロナウイルスに関するQ&A)

特徴

  1. 水銀フリー深紫外吸光光度法検出器
  2. 500mg/Lまで無希釈測定
  3. 任意の値にスパン校正可能

仕様

表示器仕様

指示変換器RC-700
測定対象溶液中の有効塩素
測定方式深紫外LED式紫外線吸光光度法
表示LCD 4桁
測定範囲0~500mg/L 標準
0~1000mg/L(ご指定)
分解能0.1mg/L
伝送出力DC4~20mA(絶縁出力型)
0~100 / 0~200 / 0~500mg/L 3レンジ式
再現性±2% 以内(一定条件で)
応答時間5秒以内
周囲温度-5℃~40℃ 85%RH以下
電源AC85V~240Vフリー電源
消費電力約20VA
外形寸法215(W)×170(H)×95(D)
重量約1.3kg 

有効塩素濃度計検出器仕様

品名インライン型有効塩素検出器
型式UVD-25F-10
測定方式流通型測定
光路長10mm
接液部材質PPS、FKM、石英ガラス
測定水条件温度 : 0~40℃以内
圧力 : 0.05Mpa以下
共存不可:SS(浮遊物質)、有機物、着色物質、気泡
検水PH範囲モード1:pH7~pH11 (例:次亜塩素酸ナトリウム溶液)
モード2:pH2~pH6.5 (例:酸性電解水等)
設置方法L型金具でポールまたは壁面取付
配管方法検出器に外径φ6のPPチューブ接続
ケーブル5m標準
外径寸法100(W)×87(H)×80(D)
重量約1.1kg

カタログ

ページ上部へ戻る