笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説


レーザー濁度計

レーザー散乱光高感度濁度計 TR−502L

特長
  1. レーザー散乱光式で0.001度の高感度で微量濁度を測定
  2. 伝送出力 3レンジ切換式
  3. PSL濁度とフォルマジン濁度の両方測定可能
  4. 簡単で信頼性ある校正機能
      ゼロ校正:光源断による校正
      スパン校正:簡易スパン校正板による校正(第二標準)
            濁度標準液によるスパン校正(第一標準)も可能
  5. 取付と計装が簡単な分離型検出器と変換器
  6. 検出器の故障や校正の良否チェック機能付
品 名  レーザー散乱光式高感度濁度計
型 式  TR−502L
測定方式  レーザー散乱光測定方式
表示方法  LED 3・1/2桁 デジタル表示
測定範囲  0.000〜1.999(オプション:0.00〜19.99)
最小分解能  0.001度(オプション:0.01度)
伝送出力  DC4〜20mA(絶縁型) 3レンジ切換
   @ 0.000〜0.500度
   A 0.000〜1.000度
  B 0.000〜1.999度
再現性  ±3%(FS)以内:標準液による
警報接点  上限a,b接点(無電圧)
 接点容量:AC 100V 1A以内
電 源  AC 100V 50/60Hz
消費電力  約10VA
測定水条件  温度:0〜40℃
 流入圧力:約0.1〜0.5MPa
 排出流量:約0.05L/min以上
周囲条件  温度:−5〜40℃(凍結しないこと)
 湿度:85%RH以下(結露しないこと)
 ガス:腐食性ガスが存在しないこと
設置方法  パネル取付
接続  検水入口:20Aソケット渡し
 検水出口:φ4×φ6 PPチューブ
標準構成  指示変換器 :TR−502L
 検出器   :TRD−5(ケーブル3m付)
 検出測定部 :TRDH−5
        (測定槽、調圧装置、PPチューブ4m付)
 校正容器、スパン簡易校正器、パネル取付具、
 保証書、取扱説明書
標準外付属品  ポールスタンド、ケーブル延長

カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.