笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説



高感度濁度色度モニター TCR−502

TCR−502
概要
色度と濁度の測定波長のLEDと色度と濁度の受光素子、プリアンプで校正された濁度色度の検出器からの各信号を指示変換器で演算処理して色度と濁度をデジタル同時表示し、記録計や警報器に各伝送出力を伝送し、連続測定が可能になります。又、本検出器はダブルビーム光学系採用で濁度の影響を受けずに高感度で色度測定が可能です。
特徴
  1. 濁度と色度を同時表示、測定
  2. 最小表示 0.1→0.01 選択
  3. 濁色度3レンジ伝送出力(4〜20mA)
    濁度:0〜10/0〜20/0〜50度
    色度:0〜10/0〜20/0〜50度
  4. プローブ型2波長 濁色度センサー
    専用ホルダーで流通測定、浸漬測定
  5. LED輝度自動監視→自動輝度補正
  6. 濁度補正、色度測定方式
    濁度信号を色度信号から自動演算補正
  7. 計装工事が簡単
    検出器信号線と変換器はコネクターで接続
用途
上水道、簡易水道、受水槽、浴槽、遊泳プール等、工場排水、中水道等。
仕様(計器部)
品名 濁度色度モニター
型式 TCR−502
測定方式 2波長透過光測定方式
測定範囲 濁度:0.0〜50.0度(ポリスチレン濁度標準)
色度:0.0〜50.0度(白金酸コバルト標準)
最小分解能 0.1度標準(10度以下で0.01度選択可能)
表示 3・1/2桁 赤LED 濁度色度同時表示
再現性 ±1%以内(又は±0.1度以内)
伝送出力

濁度色度2系統 各DC4=20mA DC(絶縁型)
負荷抵抗250〜500Ω
3レンジ手動切替(出荷時は0〜10度に標準設定)
1)0〜10度
2)0〜20度
3)0〜50度

校正 ゼロ:純水による
スパン:濁度又は色度各標準液10度による
検水条件 0℃〜35℃(凍結不可)
気泡、有機溶剤、強酸化物、強フッ素等の共存不可
色度の濁度補正 濁度信号を色度信号から演算処理して補正(TRV−CRV)
LEDの輝度補正 LEDの光量を参照光検出器で自動輝度補正
電源 AC85V〜240V迄のフリー入力 50/60Hz
警報接点 無し
外形寸法 96(H)×96(W)×163(D)
重量 約1.3kg
標準構成 指示変換器、検出器、パネル取付具、ドライバー
取説、保証書、校正容器、標準液(各250ml)
仕様(検出器)
品名 濁度色度検出器
型式 1)標準型 TCRD−100
2)浸漬型 TCRD−100H
3)流通型 TCRD−100FL
測定方式 2波長透過光測定方式
材質 PVC、SUS−304、石英ガラス
検出器ホルダー 1.流通型:TCRD−FL 2.浸漬型:TCRD−H L=1500
標準外使用 中継器、延長ケーブル

TCR-502 カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.