笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説


無試薬式残留塩素モニター

0.00〜3.00mg/L   RC−100C

◎現場設置型小流量オーバーフロー測定
◎浴槽、温泉水、浄水場、工業用水用等
測定概要
本器は浄水、配水、給水専用の遊離残留塩素計です。特徴として流量補償が簡単なオーバーフロー型フローセルでありながら、捨て水を小流量に抑えた保守的にも経済的にも優れた測定システムとなっております。
特長
  1. 機械的駆動部のない一定ヘッド=一定水流フローセル方式
  2. 無試薬式3電極法ポーラロ式残留塩素計
  3. 各種出力信号により濃度自動制御及び遠隔監視が可能
  4. ユニークな2つの電極洗浄機構
オーバーフロー型フローセルとは
標準測定はオーバーフロー型フローセル方式です。
即ち、検水の水位をオーバーフロー管迄上げ、一定のヘッド(水頭)で測定槽に流れ込む検水の流量=流速が一定になるシステムで、
インライン型より流量補償が簡単で検出器の流量特性がありません。
又、ドレインは大気開放にする必要があり、いわゆる捨て水が毎分約1.5L程発生しますが可能であれば開放系水槽等へ戻すこともできます。
仕様(コントローラー)
型式RC−100C
測定成分水道水(浄水、配水、給水)中の遊離残留塩素
測定原理無試薬式ポーラログラフ法
測定方式ビーズ洗浄型微小固体3電極方式
測定範囲0.00〜3.00mg/L(標準)
表示デジタル3桁LCD表示
最小分解能:0.01mg/L
再現性繰り返し性:±2%(流量、pH、温度、導電率一定時)
直線性:±5%
検水pH範囲Aモード:pH5.8〜8.6(変動幅1pH以内)
導電率範囲5〜100mS/m(変動幅10mS/m以内)
検水温度0〜40℃(凍結なきこと)
応答時間90%応答 1分以内
温度補償サーミスターによる自動温度補償
伝送出力DC4〜20mA絶縁型 最大負荷抵抗550Ω
接点出力上限 1a 下限1a 制御出力 1a(制御幅設定スライドスイッチによる制御幅選択可能)
接点容量AC250V 1A MAX.(抵抗負荷)
電解洗浄次のいずれかの操作により電解洗浄シーケンス起動
1)CLEAN.端子(洗浄トリガ端子)短絡
2)CLEAN.キー入力
3)POWER ON(パワーオンクリーニング)
4)24時間タイマー
電源AC85〜250V 50Hz/60Hz
消費電力約5VA
使用温度−10〜45℃
設置方法壁面取付標準(又は50Aのパイプ取付可)
仕様(サンプリング部)
《サンプリング部》FC-35
構造オーバーフロー型フローセル
検水流量0.35〜0.7 g/min
検水入口圧力最大0.2MPa  耐圧:O.5MPa
検水温度0〜40℃(凍結なきこと)
接液部材質PVC、PA、ガラス、シリコンゴム
検水入口Rc1/4又はφ6×φ4PEチューブ接続
検水出口外径15mmφホース継手
 φ22×φ15軟質網入りチューブ接続
(大気開放、背圧をかけないこと)
仕様(センサー部)
型式RE-22B(標準)
検水温度範囲0〜40℃(凍結なきこと)
温度補償サーミスタによる自動温度補償
設置方法FC−35測定部に取付け
電極洗浄方式ビーズによる機械研磨洗浄及び電気化学洗浄の併用方式
ケーブル接続方式コネクタ脱着方式 CT4S−005N(0.5m)

カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.