笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説


フッ素イオン濃度計計

現場型 フッ素イオン濃度計 KF−700 新製品

KF−700
特徴
  1. 暗い時でも読み取り可能なバックライト付液晶表示
  2. 保守時の出力ホールド機能付
  3. 運転管理上の値に合わせる測定値シフト機能付
  4. ヒステリシス設定機能、平均化機能付
  5. 校正と測定は簡単なキー操作
  6.         
  7. 高濃度まで測定可能なフッ素イオン電極式
指示変換器仕様
                          
型式 KF−700
測定原理 フッ化物イオン電極法
表示 LCD 4桁2段(バックライト付)
測定範囲 フッ化物イオン:0〜1000mg/l
水温:0.0〜50.0℃(温度は表示のみ)
再現性 ±2%FSmg/L以内(一定温度で)
伝送出力 DC 4〜20mA(絶縁型) 最大負荷抵抗550Ω以下
  レンジ1:0〜10mg/L(手動切替)
  レンジ2:0〜100mg/L(手動切替)
  レンジ3:0〜 1000mg/L(手動切替)
警報接点 上限・下限 各a接点(無電圧)、ヒステリシス設定機能付
接点容量AC200V 1A以内(抵抗負荷)
ホールド機能 下記1又は2で伝送出力と警報接点出力をホールド
 @MAINTEキー操作時
 A洗浄器等からの外部無電圧接点入力時
温度補償 半導体温度素子による自動温度補償
測定値シフト機能 ±20mg/L以内(測定値を運転管理上の値にあわせる機能)
校正機能 2mg/Lと20mg/L or 200mg/Lの2点校正
電源電圧 AC85〜240V、50/60Hz
消費電力 約10VA以下
周囲条件 温度:−5〜45℃、湿度:85%RH以下
構造 屋外設置、耐塵、防噴流型(IP65相当)
外形寸法 計器本体:215×170×95 約1.75kg(取付板付)
 フード付:244×196×105 約2.5kg(取付板付)
材質 本体:ポリカーボネート、表面メタリックシルバー塗装付(耐天候性)
設置方法 50Aポール又は壁取付け
配線口 ケーブルグランド5ヶ所(外形φ6〜φ10ケーブル適用)
 ケーブルグランドを外し電線管接続可(G1/2)
標準構成 計器本体(取付板付):日除けフードはご指定、
フッ化物イオン検出器:MK-FYT+PPホルダー
フッ化物標準液 各250mL、イオン強度調整剤(ISAB) 250mL、
校正容器:2ヶ、ビーカー、取扱説明書
標準外構成 中継器、延長ケーブル、検出器取付けフランジ、ジェット洗浄器
工業用フッ化物イオン検出器仕様
                            
測定原理 イオン電極法(フッ化ランタン感応膜法)
型式 MK−FYT(内部液無補充型)
測定対象 水中の遊離フッ化物イオン(全フッ化物は測定対象外)
温度補償 自動温度補償(1kΩ)
試料水条件 温度:0〜40℃
pH:4〜9以内(出来るだけ一定のこと)
溶剤共存不可、凍結なきこと
材質 PP、PVC、ブチルゴム、セラミック
ケーブル 5m標準(ご指定:ケーブル延長)
選択性 CL-、Br-、I-、SO2-、HCO-・・・・・10×4
NO-,CH3COO-、mg+、HPO2-・・・・・10×3
Ca2+・・・・・・・・・・・・・・10×2
Fe3+・・・・・・・・・・・・・・1
Al3+、OH-・・・・・・・・・・・10×(-1)

KF−700カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.