笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説


液体濃度計(電磁濃度計)

電磁誘導式 液体濃度計 EMC−502

◎酸、アルカリ、塩分等・・・ あらゆる薬液の濃度を測定
EMC-502
特徴
  1. あらゆる薬液の濃度管理に適用
  2. 電磁誘導方式濃度検出器です
  3. 分極反応がなく、汚れに強い検出器
  4. 無希釈で高濃度塩類の濃度測定可能
  5. リニアライザー付変換器で直線性大
測定原理
本電磁誘導式濃度検出器は耐薬品性のPVC等の材質のケース内 にトロイダルコイル、及び、プリアンプが
配置されています。今、この検出器を導電率性の水溶液に浸漬させると、水溶液の濃度/導電率に 比例した
誘導電流が流れます。この電磁濃度検出器は検水の汚れや色、浮遊物質等の影響を殆ど受けずに、水溶液
の濃度を連続的に測定出来ます。
仕様 指示変換器
品名電磁誘導式、液体濃度計
型式EMC−502
表示LED 赤3・1/2桁
測定対象海水塩分、塩化ナトリウム、炭酸ナトリウム
水酸化ナトリウム、塩酸、硝酸、硫酸、リン酸
その他、導電性水溶液等
分解能0.01%(0〜20%の範囲内)
0.1%(0〜25%の範囲内)
再現性±2%(F.S)以内
伝送出力DC4〜20mA(絶縁型)負荷抵抗:500Ω以下
3レンジ切替
接点出力上限、下限a,b接点(無電圧)、接点容量:1A/AC240V以内
ヒステリシス接点機能
ホールド出力保守時、外部からの無電圧接点信号入力による伝送出力と接点
出力をホールド
温度補償自動温度補償
電源電圧AC85V〜240V 50/60Hz
消費電力約10VA
周囲条件温度:0〜45℃、湿度:85%RH以下
外形寸法96(W)×96(H)×163(D)
重量約1.3kg
実装回路基板鉛フリー
標準構成計器本体、検出器、パネル取付金具
仕様 検出器
品名電磁誘導式検出器
型式標準型:MS−11
浸漬型:MS−11H
温度補償自動温度補償
試料水条件水温:0〜40℃
有機溶媒等の共存不可
外形寸法φ40×257
材質PVC 黒
ケーブル5m標準
EMC-502-2

カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.