笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説


全リン・全窒素測定器

簡易型 全窒素/全リン測定器 TNP−201 新製品

◎全リンは660nm吸光光度法
◎全窒素は紫外線吸光光度法
TNP−201
測定概要
水中の全窒素又は全リン濃度をペルオキソ2硫酸カリウム溶液を加えてそれぞれ、120℃の温度で約30分間加熱分解⇒放冷後、全窒素はPH調整して紫外線(220nm)の波長で吸光度を測定し、全窒素濃度に演算してデジタル表示します。全リンは2種類の発色試薬を加えて可視光(660nm)の波長で吸光度を測定し、全リン濃度に演算してデジタル表示します。全窒素測定は紫外線吸光光度であるため、発色試薬を使う必要がありませんので測定時間が短縮されています。又、ランニングコストが安く、測定度、再現性に特に優れた簡易型全窒素/全リン測定器で指定計測法(公定法=JIS法)と高い相関性(r=0.97以上)を有しています。
TNP−201の特長
  1. 5次水質総量規制対応器
    (日平均排水量が50立法メートル以上400立法メートル未満の指定地域内事務所について、 全リン、全窒素の測定方法に簡易な計測法が追加されました!!)
  2. 全窒素は紫外線吸光光度法測定
    全窒素の測定は発色試薬を使わないので、ランニングコストが安い
  3. 一台で2項目測定〈全窒素と全リンを一台で測定できます〉
  4. 指定計測法と高い相関性〈平均相関性は=0.97以上(JIS法準拠)〉
  5. 全窒素、全リンモニターのチェック用にも最適
仕様
測定原理 全窒素 : 紫外線吸光光度計測法 (アルカリ性ペルオキソ2硫酸カリウムによる加熱分解)
全リン  : モリブデンブルー吸光光度法 (ペルオキソ2硫酸カリウムによる加熱分解)
測定方式 2光路2波長切換方式
測定波長 全窒素:220nm   全リン:660nm
光源 小型重水素ランプ
測定範囲 全窒素 0〜10mg/L(希釈により高濃度測定可能)
全リン  0〜3mg/L(       〃          )
分解能 0.01mg/L
再現性 ±2%(FS)以内
測定セル 石英セル 10mm
試料採水方式 10mmセル挿入による
自己診断 校正不良、ランプ劣化、他
表示 LED 4桁(小数点以下2桁)、測定項目LED
電源 AC 85〜125V 50/60Hz
外形寸法 200(W)×124.5(H)×281(D)mm
重量 約6.7kg
標準付属品 加熱分解器(TPN−DR)、測定用石英セル(10mm)1ヶ
標準試薬:1式 標準試験管:1式 付
加熱分解器

加熱分解器 TPN−DR

◎全リン・全窒素濃度測定の必需品
TPN−DR
製品概要タイトル
本器は全リン・全窒素等の測定における加熱分解に対応したヒートブロック方式の恒温槽で、ネジ口試験管に分解試薬を添加した試料を入れて120℃で30分間加熱分解するものです。
恒温槽の温度は内蔵する サーミスターにより120℃に自動制御されます。
仕様
方式 ヒートブロックによる恒温槽 時間比例制御方式
設定温度 内蔵サーミスタにより120℃自動温度制御
温度精度 ±3℃
加熱対象 外形Ф17ネジ口4本
試験管検水量 5ml
電源 AC100V 50/60Hz 120VA
重量 約1.6s
外形寸法 約120(W)×170(D)×100(H)
標準付属 タイマー
テクニカルインフォメーション
全窒素とは?
水中に含まれるアンモニア性窒素、亜硝酸性窒素、硝酸性窒素の無機性窒素及びタンパク質、アミノ酸、 尿素等有機性窒素の総量を言います。
全リンとは?
全リンとは河川水等に存在するリン化合物の総量を言い、リン濃度(P mg/L)で表す。
リン化合物は生活排水、工場排水、農業廃水等が混入して増加し、富栄養化による河川汚染の原因となる。

TNP−201カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.