笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説


ハンディMLSS計

MLSS計 ML−30N 新製品

本MLSSセンサー『ML−30N』はセンサー部と計器部が一体化されたケーブルレスMLSS計で
ケーブルの断線などのトラブルがありません。またケーブルレスの為センサーの清掃が簡単です。
測定方法は試料を採水し、センサー部を試料に入れて迅速にMLSSを測定でき次のSV等の水質
検査作業に移行できます。更に本器は光学窓に汚れに強い強化ガラス採用等多くの特徴
を有しています。
ML−30
特徴
  1. 採水測定式MLSS計(必要な試料量は約100mL)
  2. 小型軽量の検出器/計器一体型MLSSセンサー
  3. 外部光の影響を受けにくい近赤外パルス光測定方式
  4. 光学窓は汚れにくい硬質ガラス。
  5.    
仕様
        
品名

MLSS測定

型式 ML−30N
測定方式 採水/センサー部浸漬測定
測定範囲 MLSS:0〜19900mg/L
汚泥の種類により19900mg/Lまでの校正、又は測定ができない場合があります。
分解能 10mg/L(10〜10,000mg/Lの範囲)
100mg/L(10,000〜19,900mg/Lの範囲)
校正機能 @1点校正(ゼロ校正のみ)
A2点校正(ゼロ校正・濃度既知汚泥でスパン校正)
自己診断機能 電池電圧マーク、検出器異常:S ERR表示、校正異常:CAL ERR表示
測定範囲オーバー:1990点滅
周囲温度 0〜45℃
保護構造 計器部:防塵、防水構造(IP65相当)
電源電圧 アルカリ単5乾電池(LR1×4ヶ)
オートパワーオフ機能付(電源ON後30分)
外形寸法 計器本体:48(W)×32(H)×301(D)
検出器型式 SSD−30N
近赤外パルス透過光測定方式
接液部材質 ABS、POM、硬質ガラス
検出器条件 水温:0〜40℃
共存部分:有機溶剤共存不可
標準構成 ML−30N本体、乾電池:LR1×4ヶ内蔵、収納ケース、専用測定容器

MLDO−30カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.