笠原理化工業のホームページ
ホーム 新着情報 ハンディ/ラボ用 プロセス用 用語解説


比色試験器アクアテスター

残留塩素測定試薬 DPD液体試薬

  1. 長期の保管可能なDPD液体試薬
  2. わずか1滴、滴下、迅速測定可能
  3. 分包廃棄物が少なく使いやすい
DPD-GL
注意事項
DPD液体試薬は、商品到着後は冷暗所(冷蔵庫)に保管し、使用後もしっかり蓋を閉め、 冷暗所(冷蔵庫)に保管してください。純水やミネラルウォーターを測定して発色した場合は試薬は寿命と判断します。

DPD液体試薬を使用しての残留塩素測定時に遊離塩素と結合塩素が共存している場合は試薬を添加して 10秒後から結合残留塩素の呈色が現れます。
全残留塩素の測定方法
  1. 混合DPD試薬1種類使用
    全残留塩素測定用DPD粉末パック試薬DPD-TL-1を比色セルに採り、
    これに検水10mLを加えて混合し、約2分間放置後の呈色を比色し、全残留
    塩素として求める方法。全残留塩素測定の場合、試薬DPD-TL-1を使用し
    て測定操作を行うと便利です。
  2. `
  3. DPD分包試薬+ヨウ化カリウム0.1g
    遊離残留塩素測定用 DPD粉末パック試薬DPD-F-1を比色セルに採り、
    これに検水10mLを加えて混合し更にヨウ化カリウム約0.1gを加えて溶
    解し、約2分間放置後の呈色を比色し、全残留塩素として求める方法。
  4.  
     
  5. DPD液体試薬(DPD−GL)を使用する場合
    ヨウ化カリウムを検水10mLに対し0.1g加えよく溶かします。
    ここにDPD−GLを1滴加えて混合し、約2分間放置後の呈色を比色して、全残留塩素として求める。
仕様
品名 液体DPD試薬(遊離残留塩素測定試薬)
型式 DPD−GL−10
内容量 10mL
使用量 1滴:約0.05mL
測定範囲 0〜2mg/L(Cl2)
適用比色試験器 DP−1Z、DP−7Z
標準外仕様 大容量DPD液体試薬(25mL入)                           
型式:DPD-GL-25(約500回分)                           
ヨウ化カリウム試薬(全残留塩素測定用):25g

カタログ
前ページへ戻る

このページのトップへ

 

KRK 笠原理化工業株式会社
E-Mail: お問合せ

Copyright(C) 2005- Kasahara Chemical Instruments Co.,Ltd. All Rights Reserved.